レーシックの歴史は浅いです。
1990年頃から行われるようになり、日本では1995年に認可された比較的新しい治療方法です。

スポンサーリンク

 
角膜の上皮細胞を剥離させフラップという蓋状の膜を形成し、その下部の角膜実質をレーザーにて削り、屈折率を変化させて屈折率を変化させる手術です。

角膜上皮細胞は再生され元に戻りますが、角膜実質は再生されませんので長期にわたって近視を矯正することができます。

一般的なレーシックはマイクロケラトームと呼ばれる器具でフラップを作製しますが、体質により角膜が薄い人や激しい運動をし、フラップが剥がれやすい人にとってはこのレーシックは最適な治療とは言えません。

そこで、開発されたのがエピレーシックです。
エピレーシックとは通常のレーシックに比べより薄いフラップを作製することが出来ます。

従って角膜が薄い人であっても治療を受けることが出来ますし、薄いフラップのため、術後ふたたびフラップを被せますが最終的にはこのフラップが全て消失し、新しい上皮細胞が形成されますので激しい運動を行う人であってもフラップが剥がれる心配がありません。

しかしながら、このフラップが作製されるまで時間がかかりますので激しい痛みを伴うと共に、しばらくの間サングラスを着用しないといけないなど、術後のケアが重要となってきます。


スポンサーリンク