レーシック治療は芸能人をはじめとして多くのスポーツ選手が治療を行っております。
最近では認知度が上がり、一般的に行われる治療方法となりました。

しかしながら、裸眼で視力が回復することは知られていますが、レーシックによって発生する問題点を正しく理解している人がまだ少ないのが現状です。

レーシックの長所だけではなく、短所も理解した上でレーシックを受けることが重要です。

スポンサーリンク

 
レーシックによって発生する症状は何気に沢山ありますが、中でも一番良く発生するのがドライアイです。

ドライアイとは目が乾燥する症状で、レーシックを行わなくても眼鏡やコンタクトレンズをしている人でも発症する人はいます。
特にパソコンやゲーム等目を酷使すると発症しやすいと言われています。

レーシックを行った場合も術後にこのドライアイが発症する場合があります。

レーシックはフラップと呼ばれる角膜上皮細胞を蓋状に切り取る必要があり、このフラップを作製する際に、涙を分泌させる神経も切り取ってしまうために涙の分泌量が減少するのでドライアイが発生すると考えられています。

しかしながら、レーシック後にドライアイが発症しても上皮細胞が再生されればこの症状も回復します。
でも、ごくまれにドライアイがそのまま残ってしまう場合も体質で発生してしまうこともあります。

レーシックを受ける際は専門の医師に十分に相談し、正しい知識を持った上で行いましょう。


スポンサーリンク