レーシック治療は裸眼視力を驚くべきほど向上させることができる手術ですが、一方で術後様々な合併症を伴うこともあり、レーシックを行う際は正しい知識を身につける必要があります。

正しい知識が無いあまり、手術を受けて合併症に悩まされることが良くあるようです。

レーシックとはどんなものかを正しく理解することが重要だと言えます。

スポンサーリンク

 
レーシック治療で多くの人が体験をする合併症にハロ・グレアと言うものがあります。

どちらも、夜間、コントラストが低下した状態や瞳孔が大きく拡大する際に発生する症状です。

ハロ・とは夜間瞳孔が大きく開いた際に瞳孔の縁で回折現象が発症し、その結果、光の周囲に輪の様なものが見える現象です。

殆どの場合、レーシック治療後3ヶ月程度で治りますが、中にはその後も回復しない人もおり、体質により異なるようです。

一方、グレアとは夜間にライト等をみた際に、昼間太陽を見るようなギラギラとした感じを受ける症状です。

これらハロ・グレアの原因として考えられるのが、レーシック治療をした部位以上に瞳孔が拡大した際、二つの異なる屈折率が発生することで発症すると考えられています。

とは言っても、年齢と共に瞳孔の径が小さくなってきますので、年をとると共にこの症状は軽減されると言われています。

レーシック治療を受ける際はハロ・グレアが発症しやすい体質か専門の医師に聞くことをお勧めします。


スポンサーリンク