日本人の多くは年配者に限らず視力が悪いことに悩んでいるそうです。

多くの人は眼鏡をかけたり、コンタクトレンズをしていますが、眼鏡の場合運動がしにくいですし、コンタクトレンズですと毎日の手入れが大変面倒です。

スポンサーリンク

 
多くの人は子供の頃に目を悪くし、成人に至るまで視力が落ち続けますので眼鏡やコンタクトレンズを購入しても少しずつその度を変える必要があります。

視力が悪い人の望み――それが裸眼で星や夜景、自然の景色を見たいことではないでしょうか?

でも、それはもはやかなわない望みではなくなりました。それがレーシックです。

レーシックとはレーザーを用いた目の手術方法で、角膜の厚さを薄くし、屈折率を変えることで視力を回復する方法です。

手術後は視力がかなり悪い人であっても1.5~2.0まで回復する手術です。

このレーシックが開発された当時は後遺症等が心配されましたが、レーシックの技術も進化し、多くの人々がこのレーシックで視力を回復しています。

特に眼鏡やコンタクトがあまり使用できない運動選手の多くがこのレーシック治療を行っており、絶大なる信用を得ています。

視力にお悩みの方で眼鏡やコンタクトで煩わしさを感じている人は是非ともレーシックを検討されてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク