近視を矯正させる方法に眼鏡やコンタクトレンズがあります。
でも近年、コンタクトや眼鏡で屈折率を変化させるのではなく、目自体を手術し屈折率を変化させる方法が開発されています。

それがレーシックやPRKと呼ばれる方法です。

ではレーシックとPRKは何が違うのでしょうか?

スポンサーリンク

 
レーシックとはマイクロケラトームと呼ばれる器具で角膜上皮細胞をカンナ状に剥離させ、その下部にある角膜実質をレーザーにて照射させ蒸散させることで屈折率を変化させる方法です。

レーシックの特徴としてはフラップと呼ばれる蓋状の角膜上皮細胞を形成させる点です。

このフラップを作製することで術後は再びこのフラップを被せますので、目に負担をかけることなく手術を行うことが可能です。術後も数日安静するだけで普段通りの生活を行う事が出来ます。

しかしながら角膜が薄い人はこのレーシックを受けることが出来ません。

一方PRKはレーシックとは異なり、フラップを作製せず、直接レーザーを角膜に照射させ、上皮細胞ごと蒸散させる方法です。

従って、術後上皮細胞が消失してしまいますので再生されるのを待たなくてはなりません。

その結果、術後も角膜上皮細胞が再生されるまで待たなくてはならず痛みを伴うと共に、完全に完治するまでは数ヶ月間を要します。

とは言っても、角膜が薄い人やフラップが剥がれやすい激しい運動する人には大変効果のある手術と言えます。

自分の体質と生活環境を考えてレーシックかPRKを選びましょう。


スポンサーリンク