近視の治療方法といえばホームシックレーシック。

レーシックとは(何度でも書きます)メガネやコンタクトレンズを使用しなくても視力を回復することができる治療で、レーザーで直接角膜を研磨し、視力を回復させる方法です。芸能人からスポーツ選手まで幅広くこの治療を受けており、その症例数も年々増加し続けています。

スポンサーリンク

 
しかしレーシック治療は健康保険を適応することが出来ませんので全額自己負担しなくてはなりません。

レーシックが開発された当時は100万円近くもする大変高額な治療でしたが、時代と共に機械が改良され多くの人が安価で治療を受けることが出来るようになりました。

では一体どれくらいの金額でレーシックを受けることが出来るのでしょうか?

レーシック治療で有名な3病院を比較してみましょう。
*現在は変更されているかもしれません

レーシック治療でもっとも有名と言っても過言ではない神奈川クリニックの場合、通常のレーシックが両眼で13万円となってます。

また、品川近視クリニックの場合両眼の治療で11万円で受診することが出来ます。

近視眼科の場合、レーザーの使用機種によって価格が異なってきます。
安いものだと両眼で12万円程度、高い機種だと22万円程度の手術となります。

レーシックの価格が非常に安くはなってきましたが、値段ばかりに気をとられるのではなく確実に視力が回復する治療方法を選びましょう。


スポンサーリンク