近年、近視の矯正方法にレーシック治療が人気を集めています。

レーシックはくどいですが角膜の厚みをレーザーにて切削することで屈折率を変化させる手術です。
従って、手術後は裸眼でものを見ることが可能となります。

スポンサーリンク

 
運動選手などメガネやコンタクトレンズを使用できない人にレーシックが大変人気があると共に、最近では一般的に行われる治療となりました。

レーシックが開発された当時、その治療料金は数十万円もする高価な治療でしたが、近年では多くの病院でレーシック治療が行われるようになり、価格競争が激しくなってきています。

レーシック治療で有名な神奈川クリニックでのレーシックの料金は通常のレーシックで両眼13万円程度、比較的高価な治療であるエピレーシックやラセックでは両眼で25万円程度で治療を受けることが可能です。
*現在は治療費が変更されているかもしれません。

レーシックの価格が安くなると共に、治療を受ける患者数も増え、多くの人たちが身近に治療を受けれるようになりました。

メガネやコンタクトレンズの煩わしさで悩んでいる人もいるかと思いますが、レーシックならば裸眼で視力を回復することが出来ます。


スポンサーリンク