視力を矯正する方法はメガネとコンタクトレンズが一般的ですが、レーシックと呼ばれる方法も大変注目されております。

日本においてはまだレーシックを受けている人は少ないため、もしかすると聞いたことが無い人もいることでしょうが、アメリカでは大変症例数の多い、広く認知された手術です。

スポンサーリンク

 
レーシックが行われはじめたのもアメリカの方が早く、日本においてはまだ、厚生労働省で認可されてわずかな治療方法です。

しかしながら実施されてから年間の症例数は年々増加しております。

レーシックは健康保険が適応されませんし、生命保険も適応されない場合が多く、自己負担で行わなくてはなりません。
でも治療を受ける人口が増えると共に、治療費も安くなり、相乗的に治療数が増えてきています。

現在では年々症例数も増えており治療費も安くなってきていますが、飽和状態となってしまうと治療費も高くなってしまう可能性もあります。
現にアメリカではもう既に飽和状態に近づいているとも言われているくらいです。


スポンサーリンク