近年大変な人気を集めているレーシック治療。
裸眼で視力1.5から2.0までに回復させることができる夢のような治療方法です。

しかしながら、すべての人がレーシックを受けることが出来るというわけではありません。
体質上レーシックを受けられない人もいます。

眼科の中にはレーシック治療を強引に受けさせるためにあえてマイナスな情報を教えない病院もあるようなので、自分の体質を事前に理解し、信頼ある眼科でレーシックを受けることが重要となってきます。

視力が回復しなかった程度ならまだ良いのですが、失敗し、後遺症が残ってしまったら最悪です。

スポンサーリンク

 
レーシック治療を受けることが出来ない人は以下です。

まず第一に眼球に異常がある人は手術を受けることが出来ません。

例えば、ぶどう膜炎の人や角膜ヘルペス、重度な糖尿病がある人も手術を受けることが出来ません。

またレーシックは角膜手術になりますので、過去にメスを使用した角膜手術を受けた人は受けることが出来ません。

職業では、パイロットはレーシックによる矯正が認められていませんので、パイロットの人やパイロットを目指している人も治療は控えた方が良いでしょう。

このように様々な理由でレーシックを受けることが出来ない人もおります。
正しい知識をもってレーシックを受けましょう。


スポンサーリンク