視力を回復すると耳にするレーシック治療ですが、レーシック治療とは近視を回復させる手術で、スポーツ選手など視力を必要とする職業の人々に幅広く人気のある治療方法です。

レーシック治療を行うと視力が0.03位の人であっても2.0になるほど効果のある治療方法です。

スポンサーリンク

 
近視の原因は角膜や水晶体の曲率が強すぎる事によって、像が網膜よりも手前で結像してしまうことが挙げられます。
言い換えるとレンズが厚すぎて適切な位置で結像しないことが原因とされています。

従って、レーシック治療とはマイクロケラトームと呼ばれる器具で角膜を薄く剥がし、フラップと呼ばれる蓋条の物を形成し、その内部の角膜をレーザー照射によって薄くし、その後再びそのフラップを被せるのです。

レーシック治療により、角膜の厚さが薄くなりますので屈折率か変わり、遠くを見ることが出来るようになります。

レーシックは多くの成功例により最近では人気のある治療方法ですが、治療方法が開発されてまだ歴史も浅く、将来影響が出てくるかもしれませんし、角膜が薄くなってしまいますのでドライアイになりやすかったり、合併症を引き起こすなど多くの欠点も挙げられます。

そうはいっても裸眼で遠くを見られることほど嬉しいことはありません。
適切な病院で適切な治療を受ければ視力が回復する可能性があるのです。


スポンサーリンク