レーシックを行えば裸眼で2.0の視力を得ることも可能な為、芸能人をはじめスポーツ選手にも大変注目されている治療方法です。

でも、いざレーシックを受けようと考えると、種類の多さに驚かされます。

一体自分がどのレーシックを受ければよいのか分かりませんよね。

スポンサーリンク

 
レーシック治療の違いはフラップと呼ばれる角膜上皮細胞の作成方法の違いにあります。

フラップとは蓋のようなもので、角膜上皮細胞でこのフラップを作成し、剥離後その下部にある角膜実質をエキシマレーザーで除去することで視力を回復させます。

どのレーシックにおいても角膜実質の除去方法は同じですが、このフラップをどのようにして作成するのかが、レーシックの違いとなります。

例えばエピレーシックの場合、マイクロケラトームと呼ばれる鉋のようなもので厚さ50_m厚のフラップを作成します。
イントラレーシックの場合はレーザーを用いて正確にフラップを作成します。

また、ラセックと呼ばれる方法ではアルコールを用いてフラップを作成するなど、角膜の厚さによってレーシックの方法を選ぶ必要があります。

もしも、適切な方法を選ばなかったとするとその効果も得られず失敗の源となってしまいます。

レーシックを受けるならば経験豊富な医師に相談の上手術方法を選びましょう。


スポンサーリンク