近年、レーザーがあらゆる分野で活躍しています。
レーザーとは単一の波長を持つ光で、指向性に優れ、コヒーレント性も優れています。

レーザーポインタが有名ですがそれ以外にも大きなエネルギーを凝縮させることが出来ますので、レーザーを用いて加工を行うことだって可能となりました。

スポンサーリンク

 
このレーザーに注目したのがレーシックです。

レーシックに用いるレーザーはエキシマレーザーという種類で、発信源に希ガスやハロゲン等の混合ガスを用いたレーザーを使用しています。

このエキシマレーザーを近視治療に用いることで性格な部位を正確な分量で角膜を除去することができ、しかも熱を伴わないため、安全かつ、痛みをあまり伴わず治療を行うことが可能です。

アメリカではこのエキシマレーザーの使用が1995年に、日本では2000年に許可がおりて、本格的に導入されました。

エキシマレーザーで角膜を除去するということは基本的には変わりませんが、角膜の上皮細胞の除去方法が治療方法によって異なってきます。

従来では角膜が薄い人はレーシックを受けることが出来ませんでしたが、近年ではエピレーシックやイントラレーシック等、上皮細胞を最低限除去できる方法が開発され、角膜が薄い人でも治療を受けられるようになりました。


スポンサーリンク