レーシック治療が近視の矯正方法として人気がでると、経験不足だったりする医者がお金目当てで診療するケースがありますので、まずは注意してくださいね。

スポンサーリンク

 
さて、眼鏡やコンタクトが不要になる夢のような治療方法であるレーシックですが、全ての人が手術を受けられると言うわけではありません。

近視は眼球の筋力低下により適切な屈折を行うことが出来ずに発生する症状です。
従ってレンズの役割をする角膜の薄さを変えることで屈折率を変化させれば視力を回復させることができます。

しかしながら角膜が薄い人は通常のレーシック治療を受けることが出来ません。

そこで開発された方法がラセックと呼ばれる方法です。

通常のレーシックは、角膜上皮細胞のフラップと呼ばれる蓋状の膜を作製し剥離させ、角膜実質にレーザーを照射することで角膜の厚さを薄くします。

しかしながら、角膜薄い人はより薄いフラップを作製しなくてはなりません。

ラセックなら特別なアルコールを使用し、50_mもの薄いフラップを作製することが可能ですので角膜が薄い人であっても手術を受けることが出来ます。

しかし、これだけ薄いフラップを作製しますので手術後はフラップが再生されるのを待たなくてはなりません。

上皮細胞は角膜保護の役割をしていますので手術後激しい痛みを伴うと共に、紫外線をカットするサングラスを着用しなくてはならないという欠点もあります。

しかしながら、通常のレーシックを受けられない人でも手術可能なため、多くの人に利用されています。


スポンサーリンク