本当かどうかは不明ですが、日本の人口の約3分の1が近視と言われています。
多くの人が近視によって眼鏡やコンタクトレンズを余儀なくされています。

スポンサーリンク

 
近視は治らないと言われており、一生付き合って行かなくてはならないものと言われていますが、最新の技術力でこの近視を治す方法が開発されました。

それがレーシックです。もう一度言います。

それがレーシックです。

角膜の上皮細胞は再生しますので術後には回復しますが、その下部にある角膜実質は再生されないため、治療を行っても近視が再発することはあまりありません。

近年このレーシック治療を受ける人が増え、手術の信用性が高まっていますが、日本人の国民性でしょうか、アメリカ等に比べると浸透性は低いと言えます。

その原因となるのが、術後に発祥する合併症です。

レーシックは目の手術を行いますので、人によっては様々な症状が現れています。

実際のレーシックの体験談を調べてみますと、多く成功例が載せられており、どれくらいの人が合併症に悩んでいるのかを把握する事が出来ません。

成功あれば失敗もあるものです。

レーシックを受ける際は自分の体質を十分に理解し、リスクを考えた上で適切な病院で治療を受けましょう。


スポンサーリンク