近視で悩む人は、眼鏡をかけている人も沢山いますし、普段眼鏡をかけていない人であってもコンタクトレンズをしています。

でも、これらの器具を使わずに視力を元に戻す方法は他にないのでしょうか?

スポンサーリンク

 
ありますね。そう、レーシックで高確率に近視を治す手術方法です。

簡単な手術で視力が2.0までに回復する驚きの方法。それがレーシックです。

ではレーシックはどの様にして視力を回復させるのでしょうか?

近視とは元々、毛様体の筋力が衰え遠くの像をうまく結像出来なくなる症状です。

毛様体の緊張が緩みきらず、その結果網膜よりも手前で結像してしまう現象です。

従ってレーシックにより角膜を削り、屈折率を変えることでうまく網膜で結像するように調整します。

実際のレーシックの原理としてはまず、ケラトームと呼ばれるもので角膜の上皮細胞を剥がしてやり、そこにレーザーを照射することで角膜実質を削り、その後再び派がした上皮細胞を被せてやる手順となります。

上皮細胞は再生しますが、角膜実質は再生しませんので一度レーザーで削ると再び近視が起こることはあまりありません。

この様にレーシックはレーザー技術が発達すると共に急速に発達した技術であると言えます。
レーザー技術はめまぐるしく進歩しています。

従って、最新の設備機器を使用している病院で治療を受けることが成功率を上げる一番の手段ではないでしょうか?
勿論、執刀医の技術が伴っていなくてはなりません。

レーシック手術を受けるならば信頼ある病院で受けましょう。


スポンサーリンク