近視の治療といえばレーシックと巷では呼ばれているとかいないとか。

レーシックは眼鏡やコンタクトを使用せず、角膜をレーザー照射させてその厚みを変え、屈折率を変化させる方法です。

1990年以降アメリカで飛躍的に行われるようになり、日本でも多くの人が利用しています。

しかしながら、日本人の性格上なかなか利用されないのも現状のようです。

その理由が、レーシックを行うことのリスクです。

レーシックとは直接レーザーで角膜を削りますので、術後再生されないという欠点があります。

最近では技術が飛躍的に進化していますので削り過ぎると言うことはほとんどありませんが、もしも削りすぎてしまった場合、元に戻すことが出来ません。

また、レーシックの方法にもよりますが、手術後に激しい痛みを伴ったり、霞の症状が発生したりと、確率が低いとは言えども、人によっては様々な目の症状が発生する場合もあります。

一番怖い失明に関してですが、角膜をレーザーにて照射させますので、水晶体や網膜を手術するのではなく、あくまでもフィルターの役割をする角膜のみの手術となりますので最悪の事態は起こらないはずです。

とはいえ、レーシックで失明寸前になったというネットの記事を見たことがありますので万が一ということはあると思います。

そして、通常球体をしている角膜の中心部分のみを削りますので、その部位のみ屈折率が異なり、夜間など、瞳孔が治療エリア以上に開く場合、屈折率の異なる光が同時に入りますのでハロ・グレア(光がにじみ強くまぶしく感じる)など何らかの影響がでてくる可能性もあります。


スポンサーリンク