レーシックは年々症例数が増加し続けています。
とは言え、日本の場合まだまだレーシックの認知度が十分と言える訳ではありません。

スポンサーリンク

 
レーシックはアメリカで認可された最新の近視矯正手術で、現在では年間に数百万人単位で治療を受けています。

日本の場合かなり遅れて、2000年に厚生労働省で認可がおりた比較的新しい治療方法です。

さて、レーシック治療がまだ新しいが故に心配されるのがその安全性です。

新しいものには必ず失敗が付いてきます。
電化製品でも、自動車でも何でも出始めの頃は技術が安定せず多くの失敗が発生するものです。

レーシックの場合も同様な心配が多くの人たちの間でされているのが現状のようです。

しかしながら、そんな心配は必要ないと思います。

医療の場合、他の製品とは異なり、生命に関わってきます。
従って、安全性の低い治療方法など厚生労働省が認可を出すわけがありません。

失敗例も少なく、多くの人がレーシックにより視力を回復しています。
芸能人をはじめ、スポーツ選手もこぞってレーシックを受けています。

それでも心配で、リスクは絶対負いたくないというならやめたほうがいいと思います。


スポンサーリンク