近視を治療するレーシックは近年開発された比較的新しい治療方法で、眼鏡やコンタクトレンズといったレンズを用いて視力を矯正させる方法ではなく、目の角膜を手術することで視力を回復させる方法です。

通常、近視の場合は近くを見るとき焦点が網膜にあつまり、像としてみることが出来ますが、遠方を見る場合、水晶体の厚さ調整が正常に働かず網膜よりも手前で結像してしまいます。

したがってコンタクトレンズや眼鏡で屈折率を調整させてやり、網膜で結像させる必要があります。

スポンサーリンク

 
レーシックの場合はレンズを用いるのではなく、角膜をレーザーにて削り、屈折率を調整させる手術となります。
したがってレーシックは裸眼の視力を回復させることができます。しかし、一方で多くの欠点も存在します。

レーシック治療で一番懸念される欠点が合併症です。
合併症は手術後多くの人に発症する様々な症状ですが、通常は時間と共に回復します。

とは言っても、レーシック治療は日本で導入されてまだまだ間もない治療方法です。
手術後視力が回復したとしても、その後、どう言った症状が発生するかも解りません。

また、新しい治療方法であり認知度も低く、保険対象外であることも欠点とされています。
その他にもレーシックには解決しなくてはならない欠点を多く含んでいます。

レーシックを受ける際は正しい知識を身につけてから行いましょう。


スポンサーリンク