近視の治療にはベーシックという手術方法……違う、レーシックが注目をシャワーのように浴びています。

レーシックとは(しつこく書きます)眼球の角膜上皮細胞をフラップと呼ばれる蓋のような形状に切り取り、剥離させ、角膜実質層をエキシマ・レーザーを照射し、屈折率を調整する手術です。

スポンサーリンク

 
レーシックの種類は沢山ありますが、基本的には角膜実質にエキシマ・レーザーを照射するのは同じですが、どのようにしてフラップを作製するかによって方法が異なります。

通常のレーシックで手術可能な人もいますが、角膜が薄い人や、フラップを作製しても、運動等で再びフラップが剥離してしまう人には通常のレーシックは適切とは言えません。

通常のレーシックはフラップの作製にマイクロケラトームと呼ばれる器具を使いますが、正確に切り取ることが可能なレーザーを用いたイントラレーシック、エピケラトームという器具を使用するエピレーシック、アルコールでフラップを作製するラセック等、様々な方法が開発されています。

これらの方法はその人その人の症状や体質に合わせて選ばれますので、経験ある執刀医に診てもらい治療を行う必要があります。


スポンサーリンク