手術による視力回復の治療方法は他にもありますが、レーシックは高い成功率と安全性が注目を集めている理由の一つです。

角膜を手術するため、たとえ失敗したとしても失明する確率はほとんど無く、再びメガネやコンタクトレンズ生活に戻るのがほとんどです。

レーシックが開発された当時では角膜が薄い人が治療を受けれない等、体質によって制限がありましたが、近年では技術力が向上しそれらの人でも受けることが出来るようになりました。

しかし有名になったとは言えども、やはり都心部でしか受けることの出来ない治療であると言えます。

スポンサーリンク

 
本州の中心部ならば、電車で東京や大阪に行くことは出来ますが、北海道ともなるとなかなか最新設備を備えた眼科を選ぶのは至難の業といえます。

北海道でレーシックを受けるならば札幌にまで出るのがベターかと思います。

札幌ならば比較的レーシック治療を行っている眼科がありますので、自分の目で眼科を見てから決めることが出来ます。

また、錦糸眼科等全国的に展開している有名な眼科もありますので安心して治療を受けることが可能です。

くどいですがレーシックを受けるならば信頼ある眼科選びが大切です。


スポンサーリンク