レーシック治療は近視の原因とされているのは水晶体の調整機能の低下が挙げられます。

物を見る際に近くの物や遠くの物を見る場合はうまく網膜で結像させるために水晶体の厚みを調整し焦点を合わせています。

しかしながら近視の場合、うまくこの水晶体が調整出来なくなり焦点が合わなくなる症状です。

スポンサーリンク

 
そこで、網膜でうまく焦点が合うように眼鏡やコンタクトレンズを用いて近視の矯正を行っています。

レーシックの場合、レンズで調整するのではなく角膜を少し削ることで屈折率を変えて焦点を合わせます。

レーシック治療を行っている眼科は沢山ありますが、その中でも有名な眼科に錦糸眼科があります。

インターネットで検索しても直ぐ見つかると思いますが、日本全国に病院がありますので最寄りの錦糸眼科で治療してもらうことができます。

レーシック治療は比較的新しい技術な為、最新の治療器具とそれに精通した専門の医師が必要となってきます。

錦糸眼科には最新の設備と優秀なドクターが在籍していますので、最高峰の技術でレーシック治療を受ける事が出来ます。
レーシック治療で一番恐ろしいのが術後に発生する合併症です。

しかしながら、この合併症は殆どの場合、最新の技術力で防ぐことが可能となりました。

レーシック治療を受けるならば最高の技術力を提供する錦糸眼科に相談してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク