レーシックについて軽くまとめます。

スポンサーリンク

 
視力を向上させる治療としてレーシックがあります。

レーシックとは裸眼視力を回復させることのできる角膜手術であり、他の手術ほど危険性が無いため、多くの人が施術を受けています。

日本においてレーシックは2000年に厚生労働省において認可されたまだ新しいといえる治療方法です。

ちなみにレーシック先進国のアメリカでも1995年に認可されたばかりです。

将来どのような害が発生するかよく分かっていないため、治療を懸念する人も沢山います。

とは言っても、レーシック治療は爆発的な人気がでており、治療をする人の数も年々すごい勢いで増えてきています。

レーシックの治療方法も年々進化していますし、最新の設備も開発されています。

レーシックが行われていた当時、角膜の厚さが十分ではなくて治療を受けることが出来なかった人もイントラレーシックエピレーシックが開発され治療を行えるようになりました。

もし将来的にレーシックの重大な欠陥が見つかったとしても、必ずやその解決方法も見つかることでしょう。
医療の世界も日進月歩ですから。

技術や設備がさらに向上して、より安全性が増すまで待つという姿勢も良いと思います。


スポンサーリンク